ビルの雨漏り・メンテナンス・外装・内装・設備、なんでもご相談ください!

雨漏り

建物の最も基本的な機能は「雨をしのぐこと」

それなのに、いつの世にも「雨漏り」は発生し、幾度となく修理を繰り返しても解決がなされないケースもあります。

「雨漏りは重大な欠陥」という認識を持たない工事業者もいます。誠意のない応対を受け、ご気分を害された方もおられるのではないでしょうか。

実は当社施工の建物でも、過去に雨漏りを発生させてしまったことがあります。そしてなかなか解決ができなかったことも。

雨漏りは建築のプロが真剣に取り組むべきこと」

数年に1度は大雨になると雨漏りが発生し、その都度お客様に多大なるご迷惑をおかけしました。あらゆることを試みましたが、どうしても原因究明ができずに悔しく恥ずかしい思いでした。漏らない時はずっと漏らないため、解決できぬまま次の雨漏りがまた訪れてしまう連続でしたが、決してあきらめることなく集中して雨漏りと向き合い、想像もつかぬところに原因を発見し解決に至りました。

その時に雨漏りは建築のすべてを知るプロが、真剣に取り組むべきことなのだ」と痛感し、以来他社様の建物でも、どんな困難な雨漏りでもチャレンジし続けています。

「原因究明と適切な修理提案」

雨漏りの原因究明は、簡単ではありません。建物の構造、施工手順、材料などあらゆる分野の知識を持ったプロフェッショナルが、最後まで絶対にあきらめないという強い覚悟をもって臨むべき、難しいものなのです。ましてや原因究明をせず、闇雲な修理を繰り返すだけでは、雨漏りの再発を招きます。

どこから雨が浸入し、どの経路を伝ってここから漏るのか…究明しなければ、適切な修理の方法も提案できません。

 

 

【ブランコによる目視雨漏り診断】

遠目には気付かないところも、雨漏り診断のプロフェッショナルの『ブランコによる目視雨漏り診断』で、原因の仮説立てをすることもあります。

ブランコで雨漏り診断

 

【散水調査】

雨漏り調査の基本。

雨漏り調査の方法は多数ありますが、実際の雨を再現する調査が最も有効かつ信頼のおける方法です。

散水調査

【雨漏りのメカニズムの解析例】

原因究明報告例1

原因究明報告例2