ビルの雨漏り・メンテナンス・外装・内装・設備、なんでもご相談ください!

工事部

建物のことはすべてお任せ下さい!

多数の建物を建築してきた経験をもって、

自らもビル経営をする会社として、

すべての建物・ビルオーナーを応援します!

ビルオーナーは楽じゃない

 

かつて『ビルオーナー』といえば、「収入を約束された大家さん」「左ウチワの楽な商売」と思われていました。確かにバブル経済のあたりまでは、ビルのほとんどに満室が約束され、ビル経営は安定的な収益を期待できる事業と思われてきました。ところが現在ではビル経営・大家さんを取り巻く環境は一変し、厳しい時代が続いています。
長引く不況と空室、清掃など日常の管理、突発の設備故障、建物の老朽、テナントのトラブル、更には相続や贈与の悩みまで。日々忙しい中、わずらわしい・面倒くさいことが山積みではないでしょうか。
『こんなこと誰に聞けばいいのだろう…』そんな時、気軽な相談所としてお役に立てれば幸いです!

 

『建物の健康診断』していますか?

建物も人間と同じように、年齢を重ねることで劣化が進行します。

人間は自分の身体に変調を感じれば、病院に行くこともできますし、休養を取ることもできます。しかし建物にはそれができません。だからこそビルオーナー様が、建物の変化や普段とは違う症状に、日々注意を払う必要があります。そして何か不具合を感じることがあれば、早めに建物の『かかり付けのお医者様』に相談することが、大きなトラブルを防ぐことにつながります。
建物の健康状態を知り、『今すべき事』については素早く対処し、『将来すべき事』については計画的に準備を進める。それが、大切な建物の寿命を延ばし、安定・継続した不動産経営の基盤にもなります。

 

たとえばこんなこと・・・気がかりではありませんか?

『雨漏り』のこと。

建物の最も基本的な機能は『雨をしのぐこと』
それが守られず、ビルの屋上・外壁・窓廻りから雨漏りが多発しています。『雨漏り』の原因究明はとても難しく、建物の構造・雨仕舞のしくみ等、幅広い知識と深い経験を要します。雨漏りこそ、建物のプロが真剣に取組むべきこと』なのです。

 

『外装』のこと。

外壁タイルの落下など、あってはならない事故を防ぐ『建物の適切なビルメンテナンス・維持・管理』は、ビルオーナーの重大な責務です。また、事故に至らぬまでも、外壁の『ヒビ割れや激しい汚れ』などは、もっとも目に触れやすい部分として『不安や不快感』を与え、入居を妨げる要因の一つにもなります。『築10年を過ぎたら』先ずはご相談をお勧めします。

 

『内装』のこと。

建物の内装は、人の暮らしに最も密着する部分です。内装と言っても仕上材料など、美観だけの事ではありません。例えばご入居者の加齢によって、必要となってくる『手摺や滑り止め』。また、環境や節約のために進化している、『便器』をはじめとした住宅設備の更新など、ビルオーナー様の安全快適な生活とテナントのご満足、更にビルの経費削減のためにも考えるべき時代になっています。

 

『設備』のこと。

『貯水槽・汚水槽・消防設備・エレベーター・防犯システム』などの定期的な点検・清掃・整備は、『テナント様の健康や生命を守る』ためにも必要不可欠なこと。しかしながら、これらの諸設備は、普段は直接目に触れにくいもので、うっかり忘れてしまいがちなことです。日々の快適な暮らしのために諸設備のメンテナンスは欠かせません。

 

日々の暮らしやビル経営を考える中、いろいろと『不便・不安・不満』を感じることがあるのではないでしょうか。

しかし、ビルオーナーの皆さまは毎日『それどころじゃない』ほどご多用とお察しいたします。

そんな時こそ、私たちを思い出してご一報くだされば幸いです。

『先ずはすぐに駆けつけます!』